言霊使い・ジンジャーの使い方考察 – ウィッチの新フィニッシャー|シャドウバース



3/10発売の週刊ファミ通 2017年3月23日号にて先行公開された神々の騒嵐の新カード『言霊使い・ジンジャー』の評価・能力を個人的に考察します。

スポンサーリンク


《言霊使い・ジンジャー》フォロワー ウィッチ 9コスト レジェンド
進化前4/4
【ファンファーレ】ターン終了まで、自分の手札のフォロワーすべてのコストを0にする。ターン終了まで、自分のリーダーは「ファンファーレ能力を働かせることができない」を持つ。
ターン終了まで、自分のフォロワーすべてと新たに場に出たフォロワーすべては、相手リーダーを攻撃不能。

進化後6/6

実装前の評価

このカードの期待値は5段階評価で★1つ

カード効果が長いので箇条書きに整理すると、ターン終了時までこんな感じになります↓

  • 手札フォロワーのコストが全て0に
  • ファンファーレ発動不可
  • リーダー攻撃不可

レジェンドではありますが、結論から言うとドロシーのような新デッキの要になることは無いと思います。スペルブーストもついてませんしね。

使い方としては9ターン目にジンジャー展開と同時に、手札の0コストになったフォロワーを大量展開して物量戦に持ち込むっていう、なかなか脳筋な効果。次のターン相手がそれに対処できなければ、勝ちの見込めるフィニッシャー的カードです。

でも、ウィッチには超越が既にあるわけで、今更こんなカードを追加されても使い道がない・・というのが正直な感想。

ジンジャーでゲームエンドに持ち込むためには超越と違って、どうしても相手にターンを渡さなければならないので、せっかく並べてもテミスやバハムートで返されたら目も当てられません。手札消費も激しいので、挽回するのも難しいでしょう。

せっかく0コストになるのだから、ここは大型フォロワーを大量に詰め込んだデッキを組みたくなるところですが、事故率が上がるのでお勧めできません。あえて採用するならファンファーレ持ち以外で普通に強いルシフェルなどがおすすめか。派手さ重視ならアークエンジェル・レイナで全員進化させるなんてことも・・

進化時 進化していない自分のフォロワーすべてを進化させる。(それらの進化時能力は働かない)

安定性を重視するなら、ゲイザーやフレイムデストロイヤーなどスペルブースト付きのフォロワーを多めに採用して、ジンジャーは入れても保険として1~2程度に押さえておくのが無難だと思います。

実装前にジンジャー主軸のデッキを試してみたい方は、代用にドラゴンメイジデッキを作ってみてください。効果は違いますが、専用デッキを作れば8~9ターン目に大型フォロワーをズラッと並べる状況を作れるってところと、スペルで手札を多く消費するところは共通しています。ただし、現状ドラゴンメイジが使われているところを全然見ないことを考えるとジンジャーの未来も・・(´・ω・`)



スポンサーリンク

コメントを残す