癒しの奏者・アンリエットの使い方考察 – コントロールデッキの切り札?|シャドウバース



3/10発売の週刊ファミ通 2017年3月23日号にて先行公開された神々の騒嵐の新カード『癒しの奏者・アンリエット』の評価・能力を個人的に考察します。

スポンサーリンク



《癒しの奏者・アンリエット》 ニュートラル フォロワー 7コスト ゴールド
進化前4/5
【ファンファーレ】 攻撃済み状態の自分のほかのフォロワー1体を、攻撃していない状態にして、体力を上限まで回復する。

進化後6/7

実装前の考察

このカードの期待値は5段階評価で★2つ

攻撃済みのフォロワーを回復して、もう一度攻撃可能にするという効果の使い勝手は既存のカードだとウルズと似ています

ただし、アンリエットの効果は基本的に前のターンに場へ出したフォロワーが生き残っていないと役に立ちません。最初から疾走や突進を持ってるフォロワーに使うなら、今まで通りウルズで十分ですしね。

7コストっていう重さ的にもフォルテ+ウルズのような1ターンで完成するコンボは成立しませんし、使いづらいと言わざるを得えません。

コストの上がったこちらならではの利点をあげるなら、ファンファーレやエンハンスで得た追加効果や進化後のステータスを維持できるところ。

使うならコスト的にもガブリエルのようにデッキに1~2枚入れてフィニッシュのきっかけにする切り札的ポジションのカードになると思います。

バハムートやサタンズサーヴァントなど一撃必殺の攻撃力を持っているカードとのコンボが成立すれば勝利の女神になれるかも・・?



スポンサーリンク

コメントを残す