彷徨の詩人・エルタの使い方考察 – ファンファーレを封印する進化効果!|シャドウバース


3/7に公式Twitterで先行公開された神々の騒嵐の新カード『彷徨の詩人・エルタ』の評価・能力を個人的に考察します。

スポンサーリンク



《彷徨の詩人・エルタ》ニュートラル フォロワー 2コスト シルバー
進化前2/2

進化後3/3
進化時 お互いのリーダーは「ファンファーレ能力を働かせることができない」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。

実装前の考察

初のファンファーレ対策カード

進化後に場にいる限りお互いのファンファーレ能力を封じる効果を持つニュートラルフォロワー。シャドウバースにおいてのファンファーレ封じは仮に遊戯王に例えるなら、効果モンスター封じに相当するほどの強力な効果。

ちなみに封じるのはフォロワー能力だけじゃなく、アミュレットにもファンファーレを持つカードは意外と多く、秘術ウィッチに採用されているアミュレットの大半はただの土の印になってしまう。

ただし、このエルタ自体が対して強くもなく、スペルなどがあれば除去もされやすいので制圧力はそんなに高くありません。

進化が前提条件というのも厳しいですが、相手の使ってくるカード読んでピンポイントで効果を有効活用できれば、相手の勝ち筋を潰すことも可能かもしれない。例えばエンシェントエルフの回収を封じたり、リノセウスも防ぐことが可能。バハムートの全体除去対策にもなりえます。

デメリットを帳消しにすることも可能!

相手へのファンファーレ対策だけではなく、自分にとってデメリットに効果を打ち消したい場合にも役に立ちます。

例を上げるなら、骸の王だと場のカードを破壊せずに展開が可能。

自分の場にカードが4枚あるなら、このフォロワーのコストは0になり、「ファンファーレ 自分の他のカードすべてを破壊する」を持つ。

ヴァンパイアなら、ファンファーレの自傷ダメージを受けずに優秀なカードをプレイすることが出来ます。漆黒の契約をノーリスクで撃てるのは大きいかも知れない。

カウントダウン 3
ファンファーレ 自分のリーダーに6ダメージ。
自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復して、カードを1枚引く。

しかし、この能力はお互いに影響する効果なので、相手のデッキによっては逆用されてしまうこともあるので注意です。



スポンサーリンク

コメントを残す