ゼウスの使い方考察 – シンプル故に攻めも守りも最強|シャドウバース



3/1に公式ページで公開された神々の騒嵐の新カード『ゼウス』の評価・能力を個人的に考察します。

スポンサーリンク


《ゼウス》ニュートラル 10コスト レジェンド

進化前5/10
疾走
必殺
守護

進化後7/12
疾走
必殺
守護

実装前の考察

新パックのパケ絵扱いにもなっている今回の目玉レジェンド。その性能はシンプルで、高いステータスに疾走・必殺・守護と3つの能力を持っているというもの。

目新しいギミックや、バハムートのような派手さがあるわけではないので一見地味には見えますが、実際に環境で動き始めたら強さを実感できるカードだと思っています。

疾走のおかげで場に出てすぐ動けますし、フェイスも盤面除去も両方こなせます。また必殺を持った守護の上に耐久力も高いので、正に攻防一体な一枚!確定除去されない限りは立っているだけで相手の盤面に被害を与えられるでしょう。

さて、ニュートラルということでどんなデッキにも採用できるこのカードですが、流石に10コストは重いので入るデッキは限られます。この手の大型を使おうと思ったらまず候補に挙がるのはランプドラゴン

既存カードとの入れ替え候補はジェネシスドラゴンですね。攻撃力こそあちらに劣りますが、ゼウスには守護があるので無視してリーサルは出来ないっていうのが強み。

正直ゼウス連打しているだけで、どんどんこちら有利になっていくと思ってます。それくらい強い。



スポンサーリンク

コメントを残す