バフォメットの使い方考察 – アザゼルサーチでOTKヴァンプ!|シャドウバース


3/4に発売のデジタルカードゲーマーで公開されたバフォメットの評価・能力を個人的に考察します。

スポンサーリンク



《バフォメット》ヴァンパイア 2コスト シルバー
進化前2/1
ファンファーレ 攻撃力5以上のヴァンパイア・フォロワーをランダムに1体、手札に加える。
エンハンス5:その後、そのコストを-3する。
進化後4/3

追記:OTKアザゼルに関する実装後の考察

動画付きの解説&対戦動画を作成したので、こちらからどうぞ!

実装前の考察

ヴァンプに嬉しいサーチカード

ヴァンパイア専用のサーチカードで、エンハンスが付けばコストの踏み倒しまで可能。

このカード自体も2コストなので、ミニゴブリンメイジからサーチできます。ヴァンパイアなら2コストスペルも充実しているので、確定サーチするのも支障はないかと思われます。

ヴァンプの攻撃力5以上というと、最も低コストなのは4コストのソウルディーラー。ライフを半分持っていかれるデメリットは大きいですが、なんと1コストで出せるようになります。自傷デメリットをメアリーで相手に擦りつけるコンボなど、いろんな悪いことができそうです。

その他には5コスト帯だとマステマやビーストドミネーター。6ターン目に6/6のフォロワーが2コストで展開されると思うと結構脅威になるかも知れない。ミッドレンジヴァンプにはおすすめ。

コントロールデッキならセクシーヴァンパイアは当たり前に強いけど、あまり使われていないアザゼルや、ジャガーノートも踏み倒して早めに出せるのは強そう。

OTKヴァンパイア完成!?

5コストアザゼルにラウラで疾走を乗せて、疾走7点ダメージからの一裂きリーサルなんていうコンボも夢じゃありません。成立させるには10ターン目まで掛かりますがOTKヴァンプなんてデッキが出来るかもしれませんねw

ただし、その反面エンハンスでバフォメットを出したターンの盤面が弱くなってしまうのが難点。

中盤のコントロールヴァンプは自傷ダメージでライフが半分を切っていることも珍しくないので、アグロ相手には無理にエンハンスを狙う暇は無いかもしれないです。



スポンサーリンク

コメントを残す