バハムート環境三大アグロデッキを比較&考察してみる|シャドウバース


本日のねぎろぐはシャドーバースの考察記事。

普段からフェイスロイヤルを愛用してランクマッチに潜っているネギですが、今回は他のクラスのアグロデッキと比較したらどれが一番強いのかな?と思いまして、それぞれのデッキの強い点と弱点をそれぞれ考察してみようと思い記事にしてみました。

スポンサーリンク



三大アグロデッキとは?

バハムート環境で現在活躍しているアグロデッキは以下の3つ。

  • フェイスロイヤル
  • アグロヴァンパイア
  • アグロネクロ

今回はこれらのデッキをそれぞれ考察していきます。

フェイスロイヤル

  • 2コスト帯の選択肢が多い
  • 兵士と指揮官の強化コンボが強力
  • 疾走が多い
  • 複数展開手段が多い
  • アルベール→アルビダの流れが強い

ロイヤルは低コスト帯の層が厚いので、想定した相手によって色んな工夫ができるのが強みです。特に対ウィッチ戦では潜伏を多めにすることで、除去されるのを防げるのでかなり有効。

デッキ圧縮+複数展開ができるわがままプリンセスはおすすめです。手札交換+強化が出来る師の教えもアグロデッキにとって心強い。

とりあえず、1~3ターン目では横展開からフェイスを狙って、進化できるようになったら攻撃力の高いアルベールやアルビダで進化させて止めを刺すのが理想の流れ。

ただし、2コスト守護やユニコを展開してくる相手はすこし苦手。序盤の削りチャンスを潰されると、5ターン目以降のリーサルプランに支障が出てきます。

アグロヴァンパイア

  • ユリウスの存在から対アグロ戦にも強い
  • バーン手段が多い
  • 疾走もそこそこ
  • 複数展開手段も豊富
  • フォレストバットの展開手段が豊富

ヴァンパイアも低コスト帯にブラッドウルフなど攻撃的なフォロワーが多いです。

中でもユリウスは序盤から複数展開を狙う上記のフェイスロイヤルのようなデッキにとっては天敵。先行ユリウス→ヴァイト(守護)で蓋をすれば確実に優位を取れます。

ヴァンピィも相手にしてみたら、あまり放置はしときたくないフォロワーなので、実質守護的な役割を持っています。

さらに一裂きなど低コストで優秀なバーンスペルがあるので、守護を置かれても飛び越えてリーサルを狙えるのが強み。

ただし、手札を補充する手段がないので一度盤面を取られてしまうと挽回が難しく、自傷コストを支払えないほど追い込まれると動けなくなってしまうなど、ペースを握られてしまうと弱い一面も。

アグロネクロ

  • シャドウリーパーが強力
  • 3コスト帯のラストワードが強い
  • ケルベロスからのミミココの応用力が高い
  • ミミココハウルでの9~11点リーサルが強力

ネクロは上記二つに比べると、1~2コスト帯に攻撃的なカードが少ないの難点ですが、ケルベロス→ミミココハウルからの6ターン目リーサルの爆発力が強いデッキです。

最初の展開さえ上手くいけば、シャドウリーパーを育てることが出来るので大ダメージも狙えます。

ただし複数展開→4ターン目シャドウリーパーもミミココハウルも、両方コンボなのでやりたいときに出来るかどうか、ギャンブル性はすこし高め。

複数展開出来るカードがない代わりに、ラストワードで後続を出せるカードが多いので、場持ちは悪くありません。2コスト帯は弱いけど、3コスト帯には優秀なカードが多い割に枠もそんなに取れないので、どれを選ぶかも悩みどころ。

他のデッキと違って、疾走に関してもネクロマンス要素も絡んでくるので消滅を使われるのが辛く、ビショップ戦がほか以上に苦しいのもあります。

まとめ

個人的な各デッキの印象はこんな感じ。

  • 疾走で勝ちたい、ウィッチをメタりたいならロイヤル
  • アグロをメタりたい、バーンで追い詰めたいならヴァンプ
  • リーパーを育てたい、必殺技で勝ちたいならネクロ

どれを使うか最終的には好みになんですけどねw



スポンサーリンク

コメントを残す