バハムート環境のコンロではホワイトパラディンが役に立つ!|シャドウバース



本日のねぎろぐはコントロールロイヤルについて。

ネギがコンロを組む場合は必ずホワイトパラディンを積んでいます。

バハムート環境でエンジェルバレッジが採用されなくなった今、1/1でも守護の大量展開は有効。時間稼ぎには最適です!

スポンサーリンク


バハムート環境でのホワイトパラディン

バハムート環境になってから展開力ではドロシーウィッチに溝を開けられてしまったロイヤル。もともとロイヤルには大量展開に対するカウンター手段が多いとはいえ、オーレリア単体では対処しきれないのが現状。

進化用のフローラルフェンサーもなんだか微妙と言われています。そこで改めて注目したいのがホワイトパラディンです。

守護
進化時 シールドガーディアンを相手の場のフォロワーの数と同じだけ出す

ロイヤル以外でも1ターンに3体以上のフォロワーが簡単に並ぶようになった現環境では、ホワパラの進化時効果が活かせるタイミングには困りません。

低コストの指揮官ということで、5ターン目にゲルトの守護を発動させるのにも役立ちます。

大量展開されたドロシー傘下のフォロワーを足止めしてライフを守れますし、リノエルフに対しても守護並べは有効です。1ターンは確実に凌ぎ抜いてくれるでしょう。

相打ちよりも有利トレードを優先

ホワパラの進化後スタッツは4/3になるのですが、守護持ちとしてはちょっと貧弱。

ただ、せっかく守護を持っているフォロワーなので、ゲイザーあたりにぶつけて相打ちにしてしまうのは勿体無い。

横には大量のシールドガーディアンが並んでいるはずなので、相手の場に進化フォロワーがいたところで突破される心配はあまりしなくていいです。

なので、攻撃する際は攻撃力2以下の相手を狙って有利トレードを基本とし、守護フォロワーを多く場に残すことを意識しましょう。

次のターンにはマジックミサイルあたりで落とされてしまうかもしれませんが、その時点でホワパラは・・

  • 攻撃力2の敵を倒して1枚
  • 相手の除去を消費させて1枚
  • 進化時に召喚したシールドガーディアンの枚数×n枚

のアドバンテージを稼いでくれてるので十分貢献してくれています。

ロイヤルミラーマッチではプライングに注意

現環境にはなかなかマッチするようになったホワイトパラディンですが、相手がロイヤルだった場合に限っては注意が必要です。

序盤から横展開でフェイスを狙ってくるアグロロイヤルに対しては絶大な効果を発揮してくれるのでいいのですが、問題は同じコンロに当たった場合。

今のロイヤルはうっかり3体以上並べてしまうと、耐性持ちのオーレリアやエミリアが0コスゲルトを出してくるので危険です。

対ロイヤル戦に限っては、場に出すフォロワーは2体以下に抑えていかないとカウンターで痛い目を見るので注意しましょう。



スポンサーリンク

コメントを残す