最弱クラスのロイヤルがバハムート環境で勝つための方法とデッキ紹介|シャドウバース


奥さん、奥さん。何でも今の環境ではロイヤルって最弱クラスに認定されちゃったそうですよ(´・ω・`)

どうも、2月からマスター環境入りしたネギです。

マスターになったら今まで我慢していた分、ロイヤルを使い倒すぞー(^ω^)と息巻いていたのですが、これが恐ろしいほど勝てない!

ロイヤルが好きで使っていても、流石に連敗続きだと心も荒んでいくし、ダークサイドに堕ちてネガティブ発言しかできなくなります。最近更新サボってた理由もソレ!あんまり暗い内容のブログ書きたくないんですよ^^;

というわけで、今回はマスター環境で50戦やって勝率60%のデッキが完成したのでその紹介と、今の環境でロイヤルが勝つための方法を考察していきます。

スポンサーリンク



コントロールロイヤルは死んだのだ

今の環境、ロイヤルでコントロールデッキを回すのは無謀です。コンロの戦い方といえば、フロントガードジェネラルなど場持ちする大型フォロワーを展開して盤面の圧を掛けていくデッキでした。

ですが今では、中盤での盤面取りではフローラルフェンサーを使ってもドロシーには敵いません。

現環境ではバーンダメージで勝負を決める方が主流になっていて、いくら強い盤面を揃えても回復手段が絶望的に足りていないコンロでは、アルベールが本領を発揮できる9ターン目以降まで耐える術がありません。

回復が足りていないなら、流行りのサハルシコンボを狙えばいいのでは?という案も浮かびますが、残念ながらロイヤルにはドローソースも足りていないので、コンボ用の手札を揃えるのにも一苦労。同じコンボを狙うならドラゴンの方が上手くやれるし、わざわざロイヤルでやる意味に疑問を感じてしまいます。

アグロ以外に生きる道はない!

長引くほど不利になるロイヤルが生き残る道はアグロしかないと思います。

デッキにするとこんな感じ↓

進化権は顔面パンチできるフォロワーに使いたいので、フローラルフェンサーは使いません。マリガンでは1コストをキープして、1ターン目から展開→強化→疾走フェイスを狙って組んでいます。

ですが、クイブレ、ノーヴィス、アルベール、アルビダ・・これを全部3積みしても、まだ疾走が足りません。そこで槍玉に挙がる5種類目の疾走フォロワーがケンタウロスヴァンガードです。

御旗ロイヤルによく使われていたカードですが、パレスフェンサーとか低コストの指揮官の多いこのデッキなら十分動けます。

デッキ分析

このデッキをマスターで50戦回した戦績は冒頭にも書いたとおり勝率60%。

進化権を2回残した状態で、相手ライフを10以下に持っていくことができればアルベール進化→アルビダ進化で丁度削りきることができるので、後攻での勝率が高かったです。

クラス別の戦績はこんな感じ↓

50戦やってヴァンプに2回しか当たってなかったのには驚きましたが、ユリウスが苦手なので当たればもっと勝率は下がったかもしれません。

ウィッチとの戦績はドロシーに勝てるかどうかは半々。超越には確実に勝っているので、この勝率です。

ドラゴンとビショップはどちらも立ち上がりが遅いので、全体除去が来るまでにどれだけ削れるか、守護を如何に上手く捌けるかどうかが勝利の鍵。最初からアグロだというのを見破られて、守りに徹せられると厳しくなります。

問題は明らかに負け越している対エルフですね。ベビーエルフメイが的確にクイブレやニンジャエッグを潰してくるのでダメージレースのテンポを崩されてしまうのが敗因です。

ニンジャエッグはウィッチに対してかなり有利が取れるのですが、エルフを意識するならシナジーを無視してでもゴブリンの方がいいのかなーとも思います。



スポンサーリンク

コメントを残す