ドロシーはテミスでメタれる!セラフビショップが今流行っている理由|シャドウバース



新環境では圧倒的展開力を誇り、一時期はランクマッチを席巻したドロシーウィッチ。

でも、テミスでお手軽盤面リセットや、除去と回復手段の豊富なビショップなら勝率は高いようです。

そんなビショップの中で、今最も流行っているのはエイラでも疾走でもなく、セラフ特化のようです。

というわけで、今回はバハムート降臨に対応した新環境セラフビショップを紹介します。

スポンサーリンク


セラフビショップが流行るようになった理由

セラフビショップといえば、守りを固めて8ターン目にセラフ(封じられし熾天使)をセットして、9ターン目でカウント加速カード3連発で特殊勝利を狙うデッキです。

今まではセラフよりも早い最速8ターン勝利も狙える超越ウィッチの方が人気もあったわけですが、現環境のトップメタになっているアグロヴァンプとドロシーウィッチに対応するのは難しいです。

ですが、回復と除去が豊富なビショップであれば、どちらの対応が可能。

無理に相手ライフを削ることを考えなくても、盤面処理に徹して8ターン目を迎えることが出来れば、確定特殊勝利を狙えます。

つまり、今のセラフビショップは周囲の環境が変化した結果、ポスト超越の位置に立ち変わったことで流行るようになったわけです。

デッキレシピ(サンプル)

デッキコードは画像をクリック

獣姫のかわりに神魔裁判所!

獣姫の呼び声といえば、エボルヴ期ではビショップ最強のアミュレットでしたが、セラフに特化するなら、より相応しいカードが実装されました。

それこそが新魔裁判所です。

【カウントダウン】 3
【ファンファーレ】 ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
【ラストワード】 ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。

似たカードに死の宣告なんてカードもありましたが、ファンファーレで即1体除去できるので、こちらの方が使いやすいです。

ラストワード時の効果も相手の展開を渋らせて足止めになるので、セラフとの相性はピッタリなカードだと言えます。

ミラーマッチ対策も忘れずに

環境にセラフが流行りつつあるということは、相手もビショップだった場合はミラーマッチになることも予想されます。

セラフ同士の闘いになった場合は、先に8ターン目を迎える先行になった方が勝ちになるジャンケンゲームになってしまうと言っても過言ではありません。

それを防ぐためにもオーディンは最低1枚入れておきましょう

ビショップ相手に後攻になってしまったら、全マリガンしてでも手札に加えておきたいレベルです。

万が一最初で引けなくても、このデッキならデッキ圧縮とドロー手段が非常に豊富なので、途中で引ける可能性も高いです。

2枚以上積むかどうかはどれだけミラーを意識するかによりますかね。オーディンはサーチ手段もありませんし、セラフ2連発に対応できるタイミングで引けているとは限りません。

流石に3積みはやりすぎだと思うし、事故も怖いですからね^^;



スポンサーリンク

コメントを残す