【竜の闘気を考察】ドラゴンが待ち焦がれていたドローソースになるかも?|シャドウバース



シャドウバースにおける【ドラゴン】ってどうしてもドロー力に欠けるところがあったんですよね。

強いカードは揃っているんだけど、事故ったりして躓くと新しいカードを引けなくて挽回が難しくなるっていうか・・

そんなドラゴンが待ち焦がれていたドローソースがようやく追加されるようです。

スポンサーリンク


竜の闘気

自分のPP最大値を+1する。
カードを2枚引く。
自分のリーダーを3回復。

PPも増えるし、カードもドロー出来てライフ回復まで付いてくる!

《龍の知恵》とかを入れるくらいなら間違いなく入れ替え候補だと思います。

今までのドラゴンのドローソースはただ引きたいだけなのに、覚醒後じゃないとダメとか、代償として何故か手札を捨て無ければいけない宿命を強いられていましたもんね。

こういう普通のドローソースこそ、ドラゴンが昔から欲しかったカードだったんだと思います。

このおじさんローウェンっぽくない?

伝令に引っかかるのはメリット?デメリット?

ただ5コストのカードなので、一応《竜の伝令》のサーチに引っかかるんですよねー。

これがメリットなのかデメリットなのかは正直微妙。

《フォルテ》でワンパンすればリーサルみたいな場面で闘気が手札に来てしまうとガッカリです。疾走系で攻めるタイプのドラゴンデッキには必要ないかもしれません。

というわけで闘気には回復もついていることですし、どちらかというとコントロール系のデッキにこそ向いているカードだと思うんです。

ただ、闘気単体では盤面には直接影響を与えられないカードですし、アドバンテージを取り返せるように全体除去ができる《ファフニール》や《バハムート》などで相互補完を狙いたいところです。

5ターン目で使ったなら、次のターンで《サラマンダーブレス》のエンハンスも発動可能になっていますしね。

ドッカンドッカン全体除去や大型を毎ターン連発しつつ、闘気で補給・・みたいな流れが作れるのがコントロールの理想ムーブになるんではないでしょうかw



スポンサーリンク

コメントを残す