御旗やアグロバットをメタって潰す!アグロ対策エイラビショップデッキ|シャドウバース



先日ついにネギもA0ランクに突入しました!

ただ、シャドウバースのランクマッチで使われているデッキ傾向の移り変わりはかなり早いですね^^;

テレビCMでも「この戦場では進化し続けなければ生き残れない~」みたいなことを言っていたと思うんですけど、本当にその通りだと思います。

昨日まではアグロデッキで気持ちいいくらい連勝できていたんですが、今日になってみたらアグロデッキを使う人がかなり増えていて、フェイス狙いの高速殴り合いな環境に変わっていました。

こういう状況になったからには、アグロを使い続けるよりもアグロメタを張ったデッキに変更した方が勝率が高まります。

現状アグロに対して強いデッキと言えばやっぱりエイラビショップでしょう。

というわけで、今回はより勝利を確実にするためにエイラビショップへさらにアグロ対策のカードを組み込んでいきましょう。

スポンサーリンク


アグロ対策とは?

 

ws002394

セラフビショップは回復があるだけで既にアグロに対して有利ですが、一言にアグロと言っても今ランクマッチで流行っているのは御旗ロイヤルや、アグロバットなどが居るのでどちらを意識するかによって入れるカードが異なります。

というわけで今回は2種類のサンプルデッキを紹介します。

対アグロバット用(サンプル)

%e5%af%be%e3%82%a2%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%88

デッキコードは画像をクリック

一応対策用のカードは赤枠で囲ってみました。

アグロバットは序盤から『ブラッドウルフ』や『蠢く死霊』などで自身のLPを顧みず捨て身でこちらのフェイスを狙ってきます。

進化が可能になる中盤からは『吸血姫・ヴァンピィ』や『吸血鬼の居城』で特殊召喚したフォレストバットとのコンボでバーストダメージを狙ってくるわけですが、それさえ凌いでしまえば大型のフォロワーはほとんど積まれていないので長期戦に持ち込めばジリ貧になります

そこで1/1フォロワーを完封ブロックすることのできる『教会の守り手』と、フォレストバットを一掃するための『エンジェルバレッジ』を各3枚ずつ採用しました。

どちらも場に出てすぐ効果が発揮されるというのがポイントです。

あと、アグロバット対策と言いつつもエンジェルバレッジを積んでいるからには、エルフにも効果があります。

マリガンではコスト2以下のフォロワーと『漆黒の経典』などをキープすることで、勝負をこちらのペースに引き込めるでしょう。

ただし、このデッキでは体力2以上と疾走の多い御旗ロイヤルと当たった場合は火力に押されて負けてしまうかもしれません

そこで、御旗ロイヤルを意識した場合のパターンがこちらです↓

対御旗ロイヤル用(サンプル)

ws002393

デッキコードは画像をクリック

御旗ロイヤルは『オーレスナイト』や『アセンティックナイト』などの複数展開できるカードで、フォロワーを横に広げて、序盤からもチャンスがあれば積極的にフェイスを狙ってきます。

序盤殆どのフォロワーは攻撃力が1しかないので甘く見てしまいがちですが、最も恐ろしいのはそれらを放置して『王家の御旗』が発動する4ターン目以降で一斉攻撃されてLPをごっそり削られてしまうことです。

しかもアセンティックナイトを含めそこから展開される『ヘビーナイト』は体力が2あるので、エンジェルバレッジでは火力不足。

そこで今回は、体力2以下をの敵フォロワーを全消滅させる『詠唱:禁じられた儀式』を採用しました。詠唱アミュレットなので1ターンのタイムラグがあるのが難点ですが、王家の御旗は体力を増やさないのでこれが刺さります。

相手が横にフォロワーを大量展開するのも逆用して、『詠唱:神域の守護者』も採用しました。

このカードは相手の場に出ているカードが多いほどカウントダウンの数字が減るファンファーレをもっていて、もしも相手の場に5枚のカードが出ていればコスト2で4/5守護持ちの『ガーディアンフォックス』が即召喚されます。

これらのカードを使ってテミスが使える6ターン目以降まで持ち込み、エイラと回復を駆使して長期戦に持ち込めば形勢は次第にこちらへ傾いていくでしょう。

まとめ

というわけで、今回はアグロに対して強いエイラビショップをさらにアグロメタに仕上げたデッキを紹介しました。

ただ、もしもこれでまたエイラが流行るようになると今度はエイラに対して強い超越ウィッチやセラフビショップが増えると思います。

そして、それらの遅いデッキを狩るためにまたアグロが流行るんですよね^^;

そうして環境はぐるぐる回っていく・・、と。

ひとつのデッキやクラスにこだわって使い続けるのもモチロン自由で勝ち続けるためには環境を見極めて、常に進化していきたいものですねw



スポンサーリンク

コメントを残す