マリガンで迷った時に!ロイヤルの2コストおすすめフォロワー8選|シャドウバース



どーも、ネギです

もうすぐ何やかんだでロイヤルで500戦を迎えロイヤルマスターになれそうな私ですが、いままで使ってきたデッキはミッドレンジ以外にもフェイス型やコントロール型など色んなデッキを作って使ってきました

で、そんな中で感じたのはロイヤルの2コストフォロワーの優秀さ!

マリガンで複数枚の2コストが手札に来た時は、相手のクラスによって選択肢が変わる場合もあるのです

というわけで、今回は私の厳選したロイヤルのおすすめ2コストフォロワーを紹介します!

スポンサーリンク


ws002609

必須級2コスト

ここにあげる2種はロイヤルのデッキを作るならどんなタイプでも入れる価値のある必須カードです

歴戦のランサー

ws002603

ロイヤルの特権とも言える、2/2守護のスタッツを持つ2コストの最強のフォロワー

説明不要なくらい強いので、どんな型のデッキを作るとしてもロイヤルならこのカードは3枚積まないと損ですよ!

ただし、2コスト除去には弱いので注意!

メイドリーダー

ws002604

手札補充手段の限られたロイヤルにとっては低ステータスでも貴重な2コスト

デッキをよっぽどアグロ寄りにでもしない限りは1枚も入らないという選択は無いはず

ミッドレンジなら2枚以上。コントロールなら指揮官がメインになるので3枚入れておきたいですね

ビショップ・ウィッチ対策になる2コスト

ビショップやウィッチなど除去が優秀なクラスに対してアグロで攻める際に有効な2コストです

でも、両方とも共通してエルフが苦手

クノイチエッグ

ws002601

2/1潜伏を持った2コストフォロワー。ネギが【フェイスロイヤル】を組むなら絶対入れたい一枚

潜伏は疾走と違って即効性はないものの、次のターンまで生き残りやすいので強化バフを乗せやすく、進化でダメージを底上げしつつ《スウィフトペネトレイター》とのコンボも狙えて相手にプレッシャーを掛けることが出来ます

2コストで攻撃力2を持っているフォロワーは、同じく2コストの除去スペルで処理されてしまうことも多いですが、クノイチエッグはその対象になりません

なので対ウィッチ戦はもちろん、ビショップやドラゴンなど低コスト除去が充実したクラスに対して、それらを腐らせつつもライフアドバンテージを稼げます

ただし、《エンジェルバレッジ》や《ベビーエルフ・メイ》など対象を取らない除去には引っかかるので無敵ではありません

よって、対エルフ戦ではマリガンで下げたほうがいいかもしれません

オーレスナイト

ws002600

《エンジェルバレッジ》が流行っている現環境では、このカードの採用を迷うケースも多いかもしれませんが、フォロワーを横展開できるこの手のカードはウィッチなどにも有効

1/1ってステータスは2コストの単体除去スペルを積極的に使うにも勿体無い数値でもありますし、どっちかは生き残ります

だけど、こっちも《ベビーエルフ・メイ》と《妖精の導き》のセルフバウンスコンボでキレイに除去されてしまうので、対エルフ戦には厳しいかもしれません

アグロデッキにおすすめな2コスト

ここで紹介するカードは【フェイスロイヤル】や【御旗ロイヤル】などのアグロデッキにおすすめのカードです

ケンタウロスヴァンガード

ws002608

指揮官が先に場にいる時限定で疾走を持つ2/1フォロワー

現在では《王家の御旗》とセットで実質疾走持ちとして、【御旗ロイヤル】で使われるカードですね

指揮官無しで、疾走も持たないこの手の2/1っていうスタッツは貧弱なので、次のターンまで生き残れずに潰されてしまうことがほとんど

【御旗ロイヤル】では、御旗セット後なら貴重なダメージ源として重宝しますが、初手にあって嬉しいカードではないので、事故を考えるなら2枚もあれば十分かな?

プリンセスヴァンガード

ws002606

別名プリンケツヴァンガードなんて馬鹿にされたりもしていますが、進化後のスタッツも優秀だし、2コストではなかなか頼りになる指揮官です

エルフに対しては《森荒らしの報い》や《ベビーエルフ・メイ》でも1枚では処理しきれないので、強化すべき1コストフォロワーが場にいなかったとしても2ターン目で出すと結構困らせることが出来たり

とは言え、このカードを入れるからには1コストは最低でも3枚はデッキに入れておかないと損

でも、何だかんだで《オーレスナイト》から出てくる《ナイト》や、《ヘヴィーナイト》などのトークン関連は実はほとんど1コストなので、このカードの強化対象になります

このカードを使っているなら、トークンを残した方がお得なので《アセンティックナイト》などを使う際には、トレードで相殺を狙う際には本体を先に使うようにしましょう

逆に相手がそれ系を使っている場合は、《ナイト》などトークンの方から優先して潰すのをおすすめします

ミッドレンジ以降でおすすめな2コスト

ミッドレンジ以降の遅めなデッキで有効な2コストフォロワーです

不屈の兵士

ws002602

旧式の【ミッドレンジロイヤル】で活躍していた2コストフォロワー

次のターンまで生き残れば、指揮官のバフ+このカード自身の効果で4~5点の顔面パンチも狙えることもあるので馬鹿にできません。どちらかというとミッドレンジの中でも低コストの指揮官である《フェンサー》や《わがままプリンセス》を採用したアグロ寄りで攻撃的なデッキに向いています

ただし、最近では2コスト除去が他クラスでも充実しているので、生き残れることはかなり希

先行4ターン目で2体同時に並べるなど、処理しきれない状況が作れれば大ダメージを狙えますが、安定性には欠けるイメージ^^;

ユニコ

ws002607

ニュートラルのフォロワーなので、紹介するかは迷いましたが優秀すぎるので特別枠ですw

ロイヤルにおいては、4枚目以降の《歴戦のランサー》として活躍します

相手からのヘイトを買う効果を持っているので、今ではミッドレンジでも《不屈の兵士》よりもこっちを採用する人も増えているようです

ニュートラルなので、《アドバンスブレーダー》のサーチを弾ける点もプラスポイント!

最後に

というわけで、今回はロイヤルのおすすめ2コストをまとめてみました!

今回の記事を書こうと思ったのは、【フェイスロイヤル】を作ろうと思ったときにここで紹介したカードを複数デッキに入れることから、いろいろ考えることがあったのがきっかけなんですよね

2コストが多いデッキなので、初手にはかならず2コストが入ってくる安定したデッキではあるのですが、複数の選択肢がある場合は相手によってマリガンを結構工夫する場面があったんですよね

2コスト除去はどのクラスでも充実しているので、考えなしに《歴戦のランサー》を出しても除去されちゃうことが多いので、そういうのを意識すると《オーレスナイト》や《クノイチエッグ》が役に立つ場面も多いのです

でも、どっちにも対応してくる可能性があるエルフはやっぱりやりづらいんですけどね^^;



スポンサーリンク

コメントを残す