デッキ紹介!ミッドレンジロイヤルは旧式のままで十分強かったw|シャドウバース


ネギです。

A3ランク到達までは後半ずっと超越ウィッチを使ってたわけですが、以前にも書いたととおり流石にズルいというか後ろめたい気持ちが湧いていたので、あれ以降はずっとロイヤルを使っていました。

で、何だかんだでミッドレンジロイヤルでAAランクまで昇格もできました!

というわけで、今回はそんなロイヤルのデッキ紹介です。

スポンサーリンク



ミッドレンジロイヤル(サンプル)

ws002518

デッキコードは画像をクリック

デッキ考察

特に語ることもないのですが《不屈の兵士》、《フェンサー》、《わがままプリンセス》、《ホワイトジェネラル》なんかが採用されてる構成は何だかんだで懐かしい気もします。

一応エボルヴで追加された《ネイビールテナント》や《ホワイトパラディン》を入れていた時期もあったんですが、今の環境って守護で受けに回っても環境が早すぎて受けきれないんですよねw

序盤はアグロよりにしてライフを奪えるだけ奪って、フォロワーを処理させる状況を作らせないと、今のロイヤルは勝てない気がします。

御旗ロイヤル以外では完全にビショップの下位互換ですからね^^;

なので《オーレリア》はクビです!《セージコマンダー》も重たいので抜きました!

結局序盤からテンポよく攻めていける1~4コスト帯で綺麗な流れがつくれる初期の子らが、今でも最適解なのかな?って印象です。

アドブレを採用するときは兵士の厳選が大事!

ws002496

兵士タイプを補充できるアドブレですが、手札が増えればなんでもいいというわけではありません。

前にゴブリンとヴァンガードの話をした時のアレですね。欲しいカードが引けなければ意味がないんです。

低レベルの指揮官タイプを増やした理由がここにあります。

つまり兵士を減らすことで、疾走持ちやランサーなどの有用なカードを引き当てる確率を高める狙いがあります。

PPがあまる終盤になると、アドブレで引き当てたカードによって勝敗が決まるときもあるので、これは結構重要な要素です。

ピン刺しガブリエルが勝利の鍵だ!

ws002519

場に他のフォロワーがいないと単体では役にたたない《ガブリエル》。基本的にはコストも重いし事故要因ですw

でも、こういう不確定要素があると想定外のリーサルが狙えます。

特にロイヤルの場合は即効で動ける低コストの疾走持ちが多いのがポイント。

《クイックブレーダー》や《ノーヴィストルーパー》を出して、そのまま勝負を決められるっていうのが大きい。

このデッキの場合なら1コストをクイブレだけにしているので、《わがままプリンセス》から確定リクルートすることも可能なので、結構狙いやすいんですよねw

演出もカッコイイので決まれば快感ですw

まとめ

ミッドレンジロイヤルはビショップと比べると、ぶっ壊れな要素は《乙姫》くらいしかありませんが、やっぱり対等にカードゲームやってる感はあって使ってて楽しいですよねw

ネギも昇格したばっかりでしばらくはBPを気にしなくても良くなったので、秘術ウィッチとかでまた遊ぼうと思います^^

ws002520

 



スポンサーリンク

コメントを残す