Aランク環境TOP!疾走ガルラビショップのメタ・対策講座|シャドウバース


ネギです。

今回はみんな大好き安くて強い疾走ガルラビショップをメタるための対策法について考えてみようと思います。

ほんとガルラ強いよね(´・ω・`)

スポンサーリンク



疾走ガルラビショップデッキの強さ

ガルラ

疾走ガルラはスタンダード環境のころからあった疾走ビショップにダークネスエボルヴから追加された新カード《天空の守護者・ガルラ》を加えて発展進化したデッキです。

詠唱アミュレットを除去・妨害できる手段がほぼ存在しない現在において、疾走フォロワーの複数同時展開バーストダメージを両立している上に、ビショップは豊富な除去手段を持ったクラスなのも相まって、現環境では最強デッキの一角に位置すると行っても過言ではない強さを秘めたデッキです。

ファミ通App調べによるAランク帯10月4週目の環境調査でも、その使用率は19.5%!

2位の超越ウィッチは15.8%なので圧倒的ですよね。

カウントを揃えた複数同時展開に注意!

ビショップの複数同時展開とはなにか?

例えば疾走ビショップの最も綺麗なムーブを例に挙げます。(先行の場合)

  • 2ターン目:《詠唱:獣姫の呼び声》カウント3
  • 3ターン目:《詠唱:神鳥の呼び声》カウント2
  • 4ターン目:《プリズムプリースト》+1コストのアミュレット
  • 5ターン目:《鉄槌の僧侶》進化→除去+突進状態

これが決まると5ターン目でこんな素敵な盤面が一気に完成です。

ws002521

ちなみに守護で守ったり、進化フォロワーいるから大丈夫なんて安心はできません。

中途半端な体力しかない低コスト守護持ちや、反撃で傷ついた進化フォロワーは問答無用で鉄槌のハゲに消滅させられます

これをされた時点で、5点ダメージは確定。次のターン処理しきれなければさらに追加ダメージです。

回復手段のないデッキでこのムーブをされたら、返すのは難しいのではないでしょうか?

実は現状のところコレを止める手段はありません。ダメージを受けることは覚悟して、ケアに徹するしかないので諦めてください。

疾走ガルラの要注意カード

《詠唱:獣姫の呼び声》

コスト2 アミュレット
カウントダウン 3
ラストワード ホーリーファルコン1体とホーリーフレイムタイガー1体を出す。

2/1疾走をもつ《ホーリーファルコン》と4/4《ホーリータイガー》を同時展開する凶悪な詠唱アミュレット。2ターン目にセットされることが多く、最悪早ければ《気高き教理》の効果で3ターン目にフォロワーが展開される。ガルラとの相性も抜群。現状でカウントダウンを妨害する手段は実質ないので諦めて後出しで対応するしかない。

《鉄槌の僧侶》

コスト4 フォロワー3/4(進化後4/5)
進化時 体力3以下の相手のフォロワー1体を消滅させる。

進化時に《漆黒の法典》と同じ効果を発動させるビショップの要となっているような強力フォロワー。厳しいですが、進化開放後は体力3以下になったらこれが出てくるのを覚悟してください。

《天空の守護者ガルラ》

コスト6 フォロワー4/4(進化後6/6)
ファンファーレ 自分のアミュレット1つのカウントダウンを3進める。相手のリーダーに3ダメージ。

カウントダウン加速とバーストダメージを併せ持つこのデッキの象徴。6ターン目以降は守護持ちが場にいない限り、このカード+疾走持ちを召喚する詠唱アミュレットのコンボでがっつりライフを削られる可能性がある。

《テミスの審判》

コスト6 スペル
お互いのフォロワーすべてを破壊する。

優勢になったと調子にのってフォロワーを展開しすぎると、このスペルで盤面リセットされます。6ターン目以降相手の場のフォロワーが減ってきたら警戒しましょう。

疾走ガルラの対策メタカード

そんな疾走ガルラへの対抗策ですが、残念ながら対エルフで言うところの《エンジェルバレッジ》のような汎用性のあるチョイ足しのメタカードは存在しません

ただ、明確な弱点は存在するのでそこを突くデッキで対応したいところ。

疾走ガルラに有利なデッキ

疾走ガルラは基本的にフォロワーを複数展開するようなデッキが苦手です。

それが可能なデッキはというと【御旗ロイヤル】や【アグロバット】のような速攻デッキがおすすめです。

ガルラ側は開始から3ターン目までは基本的にアミュレットを並べるため、戦闘破壊や守護による足止めされるということはあまりありません。

上で書いた理想ムーブをされるまでにフェイスをタコ殴りにしてやってください。

単体の2/2フォロワーなどは《漆黒の法典》で除去されてしまいますが、序盤はなるべく《オーレスナイト》や《眷属の召喚》など2体以上のフォロワーを同時に展開できるカードを使って着実に場のカードを増やして行きます

増やしたフォロワーでは積極的にフェイスを狙いつつ、相手の《ホーリーファルコン》はトレードを意識してなるべく1/1のフォロワーで潰していくようにしましょう。

守護を立たせているからと安心してはいけません。体力3以下は消滅で除去られるので安心しないでください。

場にフォロワーを複数並べた状態で《王家の御旗》が発動できれば一気に大ダメージを奪えるので、一気にこちらのペースへと引き込むことができるはずです。

4、5ターン目以降はカウントダウンが完了して一気にフォロワーを展開される上に、《鉄槌の僧侶》が進化できるようになるので、こちらの盤面はズタボロにされることでしょう。

こちらも《フローラルフェンサー》など盤面を取り戻すことのできるカードを準備しておきたいですね。

相手ライフを減らし、こちらのフォロワーのフェイス攻撃を無視できない状態。つまり防戦一方に持ち込めれば勝利が見えてきます

対ガルラに秘術ウィッチってどうなの?

現状では唯一詠唱アミュレットに対しての妨害工作を行うことのできる秘術ウィッチ。

詠唱アミュレットは破壊するとラストワードが発動して、結果的に相手の展開を助けてしまうことになってしまいます。

ですが、秘術ウィッチなら《虹の輝き》で《獣姫の呼び声》をバウンスしてカウントリセットをしたり、《変性の魔術》で消滅させることができるので、展開を遅らせて妨害をすることができるというわけです。

しかし、結論から言うと秘術ウィッチは明確なメタにはなっていません

詠唱アミュレットを妨害することで確かに時間を稼ぐことはできるのですが、所詮《獣姫の呼び声》は2コストなのでバウンスしてもすぐに次のターン再セットされてしまうわけで、そもそも秘術ウィッチは序盤での攻め手に欠けています

妨害をしている間はこちらの展開の手も止まってしまっているワケで、殴れるフォロワーがあまりいないんですよね。

序盤で展開しやすい《ジャンクゴーレム》は攻撃力が0ですし、《クラフトウォーロック》は消滅の標的にされて印を残す仕事もさせてもらえません。

《変性の魔術》も決まれば大きいですが、相手の2コストアミュレットに対してこちらは3コスト+土の印を消費しているわけで負担は大きいと言えます。

《ノノの秘密研究所》で《ガーディアンゴーレム》を複数展開できるところまで持ち込むことができるようになれば、疾走ガルラの苦手とする状況に持ち込めるので勝機が見えてきますが、いくら守護を並べてもガルラのファンファーレで飛んでくる3点ダメージは防ぎようがありません。

理想の展開に持って行けるまでが秘術ウィッチは遅いデッキなので、あまり脅威にはされていない印象です。

まとめ

  • 疾走ガルラは複数展開に弱い
  • 御旗ロイヤル、アグロバットが有効
  • 秘術ウィッチはメタになっていない

結局やられる前にヤレ!っていうことw

やられる前にやれ



スポンサーリンク

コメントを残す