死神の手帳搭載!ネフティスネクロのデッキレシピ – 確定リッチ構成でデッキを圧縮!|シャドバ日記4/25


今のネクロはアグロもミッドレンジも強いですが、新カードの『死神の手帳』も人気があるらしい。

というわけで、今回は手帳を組み込んだネフティスネクロのデッキを紹介します!

スポンサーリンク



ネフティスの手帳

さらに、廉価版ネフティスなアミュレットかと思いきや、出てくるフォロワーはネクロ限定っていう縛りがあるので、ニュートラルを増やしてラストワード付きの低コストネクロフォロワーを厳選することで、それらを確定サーチで場に出すことが出来るようになります

相性がいいのは、《闇の従者》や《地獄の開放者》などリッチを展開してくれるカード。3,4コスト帯のネクロフォロワーをこれらのカードだけにすれば、4~7目に置いた手帳からは2ターン続けて確定でリッチが沸きます。

《よろめく従者》を入れるのもいいですが、あのカードはドラゴンに対しては有効なものの、ネクロ相手にランダム1体除去程度では効果が薄いかもしれません。

ちなみに上記のデッキの場合は、2枚目以降の手帳も使う想定でいるので4ターン目手帳でデッキ内の闇の従者を使いきり、8ターン目に使えばカムラを確定サーチ。9ターン目以降はネフティス・カムラ・モルディカイの中からどれかが出るようにしてあります。

死神の手帳は先行4ターン目に使うと強い!

カウントダウン 2 自分のターン終了時、「自分のPP最大値」より低いコストのネクロマンサー・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出し、そのフォロワーを破壊する。

先行マリガンで手帳が初手に来た場合は迷わずキープしましょう。4Tセットで2ターン続けてリッチを展開できれば、5ターン目には進化フォロワー+リッチ+αで盤面を制圧することができます。

反面、後攻では置くタイミングにちょっと困るかもしれません。手帳からフォロワーが出てくるのはターン終了時なので、進化させて盤面処理といった動きが出来ない影響ですね。序盤から展開の早いデッキが相手の場合、後攻手帳はマリガンしてもいいでしょう。

手帳の強さはネクロマンス稼ぎにもあり!

手帳はリッチを出すラストワードネクロと組み合わせることで、最終的には5枚ぶんものネクロマンスを1枚で貯めることが出来るので、続けて6ターン目の死の祝福へスムーズな流れを作ることができます。

守護ゾンビを無理せず並べられるので、これによりネフティスまでの繋ぎが非常に楽になったと言えるでしょう。

このデッキの対戦動画

ネフティスの関連記事



スポンサーリンク

コメントを残す