TOG環境でのBP稼ぎには最適!アグロネクロのデッキレシピ|シャドバ日記4/8


今日のねぎろぐはデッキレシピの紹介です。

BP稼ぎといえば、マッチの周回効率から考えてアグロデッキを使うのが定石ですが、TOG環境に置いて最強のアグロは間違いなくネクロでしょう。

実際ネギも組んでランクマッチで回してみましたが、よっぽど手札が良くない限り、同じネクロマンサー以外に負ける気はしません。正直ズルいくらい強くてヤバイです_:(´ºωº `」 ∠:):_

今回はそんなネギ式アグロネクロをご紹介。

スポンサーリンク



ネギ式アグロネクロ

アグロネクロのデッキレシピは各所で公開されていると思いますが、ネギの構築では最速の6ターン目決着目指すコンセプトで構築しています。なので7コスト以上のカードである、ヘクターなどは不要と割り切って入れてません。強いんですけどねw

要は相手ライフを5ターン目までに11以下に減らし、進化権を1つ残しつつ6ターン目ミミココハウルが成立すれば勝てます。骨の貴公子で場にスケルトンが残るようになったので、シャドウリーパーも育てやすくなり、6ターン目リーサルまでのハードルは下がって簡単になってますよ٩( ‘ω’ )و

構築デッキを買えば誰でも安く作れる!

ちなみにこのデッキの生成コストはエーテル換算で14,400

このデッキの主要なレアカードはケルベロス、ファントムハウル、シャドウリーパーの3枚ですが、リーパー以外はネクロマンサーの構築デッキで全て購入可能です。

あとはシルバー以下やプライズのカードばかりですし、リサイクルを活用すれば誰でも完成させられるでしょう。

ボーンキマイラよりもスケルトンナイト!

よく見る構築だと、骨の貴公子の効果を意識して3コストにボーンキマイラを採用するのはよく見る構成ですが、ネギはあえてのスケルトンナイト派です。

たしかにボーンキマイラはスケルトン残しには有効なカードではあります。ただ、如何せん1/1は貧弱すぎて攻撃力に欠けます。破壊してもらえたほうが、次のターンに貴公子で増やせるスケルトンが増えてありがたいのですが放置されがち。しかし、せっかく放置されても所詮は攻撃力1ですからねぇ(´・ω・`)

そして、何よりもデメリットなのがボーンキマイラを採用した場合はすべてコンボありきになってしまうんですよ。次のターン、骨の貴公子やシャドウリーパーなどが出せればキマイラは確かに強いのだけど、私としては単体でも活躍できて他のカードと組み合わさったら尚強いスケルトンナイトを強く推します

風神よりも研磨の魔法!

骨の貴公子で場にフォロワーが複数残りやすいことから、風神が採用されているのもよく見る構成です。確かに成功したときのメリットは大きいですが、これもコンボなんですよね。

並べやすくはなっているものの、毎回そんな都合のいい状況に持ち込める保証もないので、ネギ的には手軽な研磨の魔法やケルベロスからのミミココの方が状況を選ばす使いやすいと思います。

このデッキの苦手な相手

大抵のデッキ相手なら勢いで押し切れるくらい、今のアグロネクロは強いと思いますが、唯一苦手な相手がいるとすれば同じネクロマンサーですかねw

骨の貴公子持ちなので、スケルトンの打ち合いになって白兵戦になってしまうと攻めきれないことも多く、リソースを消耗した状況で先行6ターン目に死の祝福で守護ゾンビを展開されてしまうと詰みます(´・ω・`)

オーレリア単体くらいなら割と簡単に突破できますが、体力3以上の守護を複数展開されるっていうのが最も辛く感じましたね。メタを組んでみたくなったら参考にしてみてくださいね^^



スポンサーリンク

コメントを残す