ガウェイン抜き対応!援護射撃ロイヤルのデッキレシピ – その2|シャドバ日記3/29


昨日、援護射撃ロイヤルのデッキを仮組みしてツイッターでは明日はこのデッキでランクマ潜ります!とか張り切ってたんですが、晩御飯を食べながら改めて考え直してたんですよ。

援護射撃メインだとガウェイン出してる暇無いな!」って。

そしたらちょうど実装日に、今度はガウェインにネフティス現象が起きてて当日使えないそうじゃないですか。

これはもしかして援護射撃が新デッキとしてロイヤルの中でも一番注目浴びるんじゃないかと思うわけですよ・・!と言うわけで、改めてデッキを練り直してみたのでご覧下さいませ(`・ω・´)

スポンサーリンク



援護射撃ロイヤル(ガウェイン抜き)

昨日のデッキに比べるとガウェインの確定サーチを考える必要がなくなったことで、兵士を普通に採用できるようになってデッキ構築の幅が一気に広がりました。

以前のデッキだと、4ターン目ガウェインを想定していたので、援護射撃サーチをするためのウリエルを出しにくかったのですが、2枚体制にしたことで5ターン目までに引ける確率を高めました。万が一、破壊されてしまっても2枚目を確保したり、2枚設置してダブル射撃も可能な状況を作り出せるのは大きいと思います。

理想ムーブ

  1. ウリエル(援護射撃サーチ)
  2. 援護射撃
  3. ルミナスメイジ

ルミナスメイジがいるターンはEPを消費しないから、あわよくば9ターン目にアルベールを進化させられたりするチャンスが残ると思うんですよね。

予想される課題

本音を言うと援護射撃の弾として3コスト以下の指揮官をもっと増やしたい。

でも、5ターン目に援護射撃を置くのは明らかなテンポロスなので、その穴を埋めるためにどうしても序盤はリードした盤面を作り上げたい。そのためには、シナジーが無かろうとユニコやグリームニルなどのグッドスタッフは必須だし、先攻のジェノ・後攻のフローラルフェンサーは外せないなと思うわけです。

それにあんまり低コスト指揮官を増やしても、アグロでもないわけだし手札切れが怖い。新カード一通り眺めて思ったけど今回もロイヤルのドローソース不足は改善されませんでしたね?(#^ω^)

バハムート等で援護射撃が消された時の対大型ケア要員として、シャルロットをローランに変えるかどうかも悩みどころ。始まる前から自分のやりたいことよりも、それを阻止された時の対応策を優先して考えちゃうのが自分の悪いところかなぁ~

援護射撃の関連記事



スポンサーリンク

コメントを残す