【チョコダンEB#6】vsリヴァイアサン!魔獣使いのジョブも入手!

はいどうも!ねぎろぐのネギです。

チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ

前回で持ち込み禁止縛りには挫折したので、今回からは縛りを解除して普通に装備を整えてサクサク進めることにしました。

【#6】持ち込み禁止はやめました!サクサク進めます!

vsリヴァイアサン

装備持ち込みさえ解放されればこちらのものです。配信裏で現行で作れる最強装備を揃えてきました。前回散々やられているので、相手の行動パターンはすべて把握しています。

とりあえず試して分かった有効な戦法を紹介。

リヴァイアサンに有効な戦い方

  1. ジョブはシェル&プロテスのある白魔道士
  2. バディはケアル持ちのシロマ
  3. ポイズンが効く。最大HPが高いので毒ダメージも大きい
  4. スロウが効く。元から行動が遅いのがさらに遅くなる

近づけば物理スタン攻撃。離れれば魔法が飛んでくるわけですが、逆に言えばどちらかを選べば相手の行動を縛れます。

近接で戦うなら自分にプロテスを掛けて、テールウィップを受け止めている間バディに攻撃してもらう形です。

ただし、何かのキッカケでバディの方を攻撃するようになるタイミングもあるので、倒されないように注意。

大海嘯

相手HPをピンチに追い込むと溜め動作からの必殺技『大海嘯』を使ってきます。ここからが本番です。

自分にシェルorマバリアを使うのは必須として、何の対策もなければ200点越えのダメージを受けるのでバディが脱落します。

タイマン勝負になると、ここからは近距離戦が不利です。タイダルウェーブを隣接状態からでも無詠唱で使ってくるようになるので、近づこうものならスタン→ノックバックのコンボでお手玉にされてしまいます。

こちらの攻撃機会を減らされる上に、相手には一度にHPを90以上も回復するスキルがあるので、長引けば前半に与えたダメージも回復されてしまいます。ツメを強化していないとダメージレースで勝てません。

スロウ+毒+サンダーの本。この辺りがないと対抗するのは難しく感じました。

第4章突入

最強装備でリヴァイアサンをさっくり撃破して、ここからは四章に突入です。

と、その前にレベルが上がったので以前やられてしまったアトラのダンジョンに再挑戦。

トレジャーハンターの記憶

持ち込み禁止ダンジョンでしたが、やっぱり以前の失敗の原因はレベル不足か。当時は白魔道士のジョブレベルも低かったですが、シェルがあればプラズガも怖くありません。

このダンジョンクリアで魔獣使いのジョブと、ぶんどる使いのアトラがバディになりました。

シロマの記憶

記憶ダンジョンにしては14Fまである、ちょっと深めなダンジョン。

道中は隣接すると2回攻撃になるリザードとクアールが出てくる。プロテスを使ってくるフロータイボールが地味に硬い。

大部屋モンスターハウスもよく発生するみたいなので囲まれないように注意。

ボスは鉄巨人・シェイド。見た目通りのパワー系なので、プロテスを使って耐えれば問題なし。自分とバディを同時にバフや回復出来る魔獣使いが安定しました。

光の守護者

40Fまである長いダンジョンですが、時間的な都合で今回はとりあえず10Fまで進んでみました。

道中の敵には状態異常を使ってくる相手がとても多いです。装備を鍛えてシロマを連れていれば負けはしないものの、身動きが取れないターン数が増えてすごく時間がかかってしまいます。

睡眠・暗闇・沈黙あたりの耐性をクラに付与しておいた方が良さそうです。

ベヒーモス

10Fで早々に中ボスの登場です。開幕溜め動作からのメテオはシェルで防げば、あとは持久戦になります。雄叫びでブレイブ状態になりますが、こちらもプロテスで対抗すれば物理は防げます。スロウも効きました。

次回から本格的な攻略に入ります。



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください