切ないゲー新作!記憶を消しながら家を守るロボットのお話|からっぽのいえ


最近はソーシャルゲーム系のことしか書いていなかったねぎろぐでしたが、たまには以前みたいに無料ゲームのレビューも行っていきます。

本日紹介するのは、『からっぽのいえ』。

『ひとりぼっち惑星』や『ひとたがやし』のところにょりさんの新作です。

スポンサーリンク



からっぽの家はどんなゲーム?

今作は家主もいなくなり「からっぽになった家」を守り続けるロボットのお話。

ロボットの名前はRJ6388265。元は家庭用の汎用ロボットのようです。

彼の記憶メモリの中には、主たちとの思い出がたっぷりと詰まっています。

最初に閲覧出来るのは左上にある、ロボットが始めて起動して家主たちと出会った時の記憶。

この家の住人は父と女の子の2人家族だということ。

自分は亡くなった母の代わりに家事や女の子の世話をするためやってきたのだということ。

女の子の名前は『みっちゃん』。自分はその子に『あるじぇ』と呼ばれるようになったことなど・・微笑ましい話を閲覧することができます。

しかし、ロボットに蓄積可能なデータ容量には限界があります。

家を外敵から守るための力を手に入れるためには、この記憶を消去して戦闘や武装に関するデータに書き換えていかなくてはならないのです。

悲しい結末がなんとなく予想できるのが切ないですね。

からっぽの家を守るために、からっぽの兵器になっていくんだと考えたら虚しさしか残らないじゃないですか(´・ω・`)

 

もしかしたら『ひとりぼっち惑星』にも繋がっているところがあるのかな。

気になる方は前作も合わせてプレイしてみてはいかがでしょうか?

からっぽのいえ

からっぽのいえ
開発元:Shogo Senouchi
無料
posted with アプリーチ



スポンサーリンク

コメントを残す