【ドルフロ】容量デカいと話題の少女前線もNOXなら快適に遊べる!

【ドルフロ】容量デカいと話題の少女前線もNOXなら快適に遊べる!

2018年8月1日。スマホアプリ「少女前線」こと「ドールズフロントライン」がリリースされた。ちなみに略称はドルフロ

今回はこのゲームに興味を持ったきっかけと、NOXプレイヤーを使った遊び方について書いていこうと思う。正直このゲームに関してはスマホでやるよりPCで遊ぶほうが向いてるまであると思うんだ。

ドルフロとは?

ドルフロは“戦術人形”と呼ばれる女性型ロボットを集めて戦うストラテジーゲーム。

人形とは言いつつも別に球体関節とかじゃないし、メカメカしい外骨格やらがあるわけでもなくキャラは普通に可愛い女の子だ。あと何気にレア度関係なしに全キャラフルボイスなのがスゴい(語彙力

ただ、あえてメカっぽいところを上げるとすれば、編成拡大(いわゆる覚醒)っていう項目があるのだけど、これを実行すると女の子が全く同じ顔した二人に増える

自分の同型機に人格を同期させたとかそんな感じなんだろうか。うーんSF感。

ちなみにこの手の美少女ゲーにおいて、実在する戦艦や戦国武将が擬人化するなんていうのは最近ではすっかりお約束になってしまったが、ドルフロのキャラクターたちは拳銃やアサルトライフルなど、全て銃をモチーフにしたキャラクターとなっている。

実は銃とか詳しくないし全然知らない

正直じぶんはFPSもゲームもやらなければ、銃はカッコイイと思いつつも流石に名前までは把握できてない。トカレフとかワルサーとかなら分かるけど、銃ってアルファベットと数字だけの名前とかあるでしょ?あれがワカラン。
一部の有名な銃は普段から遊んでる某無人島サバイバルゲーのおかげで分かるけども…。

でも、そんなことは関係ない。要するにあれだ。卵が先か鶏が先かなんだ。
別に銃に詳しくなくてもゲームから入って逆輸入的に知っていけばいい。某刀剣男子系ゲームの影響で、地方の刀剣博物館が盛況になったなんていう話もあるくらいだしね。

NOXでドルフロを始めよう

さて前置きが長くなってしまったが、今回このゲームを遊ぶにあたってスマホは使わない

スマホではなくPCを。もっと正確に言えばAndroidエミュレーターというものを使う。今回使うのは、このNOXエミュレーターだ。

NoxPlayer

NOXはスマホアプリをPCで遊ぶために特化して作られたエミュレーターソフトウェア。WindowsとmacOSに対応していて、上記のリンクから無料でダウンロードすることが出来る。

何故NOXを使うのか?

自分の使っている古いスマホは正直言って残念スペックなので、ゲームをするとスグに熱くなってバッテリーが上がってしまう。そんな時にスマホを使わずアプリで遊ぶ方法を探した末たどり着いたのがNOXだった。

ただし、そんなNOXも万能というわけでなく全てのゲームが遊べるわけではない。最近リリースされたばかりのゲームだと、ファンタジーライフオンラインや世紀末デイズには残念ながらまだ対応できていないらしく正常なプレイをすることが出来なかった。

だけど、ドルフロに関しては大丈夫。運営自らPC版を公言しているくらいだ。

実際に自分もちょっとしたトラブルがあって、つまずいたものの今はゲームをプレイすることが出来ている(後述

容量デカいぞドルフロちゃん

だが、そもそもこのゲームに関してはスマホ端末で遊ぶにあたって、なかなか高いハードルが存在したりする。

この画像はアプリをダウンロードした直後のプロパティをスクショしたものだ。

最近はスマホのパケット通信料などで皆メモリ的な言葉には敏感になっているご時世の人なら、これを見ただけで目ん玉が飛び出たかもしれない。ドルフロのデータ使用量はこのアプリ一つで約2.5GB(iOSだと4GBを超えるらしい…

比較対象が無いと、どれくらいヤバイのかが分からないと思うので比べると、ゲームジャンル的に同系統のアズールレーンでも1GBちょい。

最近出たアプリだと、フル3Dの第五人格だって同じくらいに収まっている。

どうしてドルフロはこんなにも謎に容量がデカイのか?その理由は謎だが、この大きさのアプリを普通のスマホに入れておくには重すぎる。今のご時世スマホに入ってるゲームが1本だけという人もあまりいないだろう。ウチのぽんこつスマホでなくとも動作が重たくなりそうだし、なるべくなら遠慮したい。

そもそもこのデータ容量を見て、ドルフロを諦めた人もいるんじゃなかろうか。そんな人にこそPCで遊べるNOXがおすすめ。携帯端末ならともかく今時のPCなら2GB程度余裕である(多分

NOXでドルフロが停止を繰り返して起動しない場合

ここまでNOXを持ち上げて来たけど実は最初の頃、何故かゲームの機動が上手くいかなくて投げ出しそうになって諦めかけていたりする。

ドルフロもやっぱり出来ないんかー!!

でもNOX運営が自分からPC版を公言しているわけだし、そんなはずは…と思って問い合わせをしてみたところ、最新版のエミュレーターでプレイできない場合はすこし前のバージョンに遡れば、そちらでプレイできるとのこと。

NOXの現最新版は6.2.1.1バージョンなのだけど、事実リンクを遡ってちょっと古いやつにダウングレードしてみたら無事に動いてくれた。

もしも同じ症状で悩んでいる人がいたら試してみて欲しい(ちなみに自分は v5.1.0.0で動いた

旧バージョンのNOXプレーヤーはこちら

NOXでのドルフロ キーボード設定

NOXにはキーボードコントロールと言って、画面内のタッチしたい箇所にボタンを割り振ってキーボードで操作することも出来る。

ただしドルフロは遊んでみた感じ、少なくともゲーム序盤は突発的に素早い操作も必要ないし、マウス一つあればプレイ可能だ。オートプレイで放置しても大丈夫だし。

ただ、難易度が上がっていけばその内、スキル発動のタイミングを狙わないといけないシビアな場面が出てくる可能性もある。そんな時のために上の画像のようにボタンを割り振って手動発動できるように設定しておくのもいいかもしれない。

NOXでのピンチ操作(縮小⇔拡大)

チュートリアルを進めている途中でピンチ操作なる聞き慣れない単語が出てきた。
まぁ、要するに指二本を使って画面内を縮小⇔拡大するスマホを使う上では当たり前の操作なのだけども、マウスポインターがひとつしかないPCではこの操作が思うように出来ない。

まぁ、無ければないで妥協出来なくもない機能だけど、使えないとなるとやっぱり不便。NOXはしっかりとピンチ操作にも対応している

やり方は至って簡単。マウスホイールをカチッと押し込むとピンチ機能が作動する。

画面上部に出てきた右側の「二本の指で大きくする/小さくする」を選んだあと、画面をスワイプすればマウスでも縮小⇔拡大が出来る。

モードは×マークを押すか、もう一度マウスホイールを押し込めば解除。

まぁ、素早い動作には向かない機能だけども、このゲームではそれほど切羽詰る場面でコレを使う機会はないと思われるので多分大丈夫だろう。

まとめ

というわけで長くなってしまったけれど、言いたいことをまとめると…

  • ドルフロはスマホでプレイするには重いゲーム
  • PCでなら快適にプレイ出来る
  • 操作にも特に不便はなかった

ということが言いたかったです。まだ始めたばかりだけど、戦闘時にはキャラがよく動くしボイスも可愛いから結構楽しめてるよ。

最後に注意点としてはNOXとは関係ないんだけど、ボイスは設定画面から追加でダウンロードしないと適用されないです。別に声フェチでも何でもないんだけど、声がないとキャラクターの魅力が半減してしまうくらい、ボイスはこのゲームとっては重要な要素なので、ゲーム開始したら真っ先にやるべきだと思います。

ボイスデータにもそこそこ容量はありますが、全体の大きさを考えればいまさら微々たるものです。声を聞くまではなんとも思わなかったんだけど、事前登録特典の一〇〇式ちゃんはハチャメチャ可愛いのでオススメ!

美少女ゲームカテゴリの最新記事