エリカ編ストーリー9章:感知の攻略とネタバレ|シャドウバース

ナーフばっかり話題になってましたが、そういえばストーリーの続きも追加されたんでしたよね。

ということで、さっそくエリカ編の9章を攻略してきたので、色々書いていこうかなって思います。

9章のあらすじ

ユリウスと戦っていたエリカですが、突如現れたネクサスによって災いの木に吸い込まれたのが前回の結末。

ところが目が覚めると、何故か城に戻ってきていました。

そこに姫様が現れますが、エリカはそれが偽物だと見破ります。

入れ替わりに現れた青目のイリスがどうやら黒幕みたい。

vsイリス(疾走ビショップ)

というわけで、イリスと戦うことになりました。相手デッキはライズオブバハムートのカードも搭載した疾走ビショップといった感じ。ただ、エースドラグーンとか他のクラスのカードも混ざってるみたいw

序盤の立ち上がりこそ遅いデッキですが、中盤からはカウントダウンが完了して大量展開をされるので処理をしきれないと大ダメージを受けて、ガルラなどのバーンダメージで止めを刺されます。

攻略

上でも書いたとおり、立ち上がりの遅いデッキで序盤には守護も少なければ、回復もしてこないので、アグロ寄りのロイヤルなら楽に勝つことができます。進化可能ターンまでにライフ10点以下まで追い込めば、アルベール→アルビダの流れで勝てそうですね。

ただ、横展開へのカウンターとして神域の守護者積んでるのでガーディアンフォックスが早めに出てくると地味に辛いです。ヴァルハラジェネラルで強化もしてくるのでツバキもよく刺さるのでおすすめ。

終わってみてから、これに勝つための特化デッキも作ってみましたがこんな感じになりました。

9章の結末

青目イリスはネクサスの配下みたいですね。今いるところもネクサスがエリカの記憶を元に作った精神世界みたいです。

結局イリスにも逃げられてしまいますが、エリカはひとまず城を調べることに決めました。

アルテイルNEOとは?
先攻後攻やドローがなく、マス目のフィールドを使ったシュミレーション要素もある珍しいタイプのカードゲーム。
何気にスマホゲーになる前からブラウザ版で15年稼働していた実績もあったりする。

アルテイルNEO【iOS/android

関連記事



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください