【ブラサバ】熱いオイルとカラス管理で回復を安定供給する方法



今回はブラックサバイバルに新しく登場した回復アイテム素材”熱いオイル“について解説します。

熱いオイル

このアイテムが登場により、ブラサバの回復事情は大きく変わりました。
というわけで、まずはこのアイテムを使う利点を2つ説明します。

熱いオイルの利点

1.インベントリを圧迫しにくい

オイルは加工前の段階でインベントリ1枠に複数スタックして持てるので、最初に2~3個集めてライター見つければ一度に大量生産することも出来て便利です。

2.動物ドロップから回復が作れる

熱いオイルから作れる回復の中で、主力はフライドチキンと目玉焼きの2種類なんですが、これらの素材になる卵と鶏肉は、それぞれカラスを倒したら取れるようになりました。

動物から素材が手に入るっていうことは、そいつを倒せば確実に新しいアイテムが供給されるわけで、取り尽くされて無くなってる心配がありません。これによって今回のアプデからはカラスの重要度がかなり上がりました

オイルの拾える場所

オイルが落ちている場所はスラム、消防署、村会館、洋弓場の4箇所。
以前まではガソリンの配置されてた場所に入れ替わりで配置されています。

とりあえず、それぞれのエリアで探す利点も解説。

スラム

スラムでは、オイルとライターが両方拾える点が優れてます。
ただライターの競争率が高い影響で、序盤~中盤辺りから人が来やすい場所です。
数も3個しかないから、腕ぬきとかを拾うついでに1個拾えたらラッキー程度の期待値で。

消防署

消防署はオイルの配置数が4箇所中一番多い5個あって、複数拾うなら最も効率のいい場所。
アイテム配置数自体が少ない場所だから、テーブルサイクルもいいしね。
ブーツ、金づち、バッテリーなんかのついでに、あれば2個くらいキープするのもアリ。アリヨリノアリケリ。

村会館

村会館はフライドチキンの材料になる鶏肉もセットで見つけられる場所。ライター持って行くと幸せになれる。
数自体はそれぞれ2個ずつしか落ちてないけど、村会館自体は序盤に有効なアイテムの宝庫だから、オイルはともかく鶏肉の方は割りかし中盤まで放置されてて残ってることも多い意外な穴場。

洋弓場

最後に洋弓場も配置数は3個。ここは弓キャラのスタート地点で見つけたらスタックしとけばいいんじゃないかな。
その他にも帽子、布の鎧、皮のついでに拾っとくのもいいと思う。

カラス管理

熱いオイルが強いのは分かっていても、有効活用するためにはカラス管理が出来てないとダメです。

カラスの種類

一口にカラスと言っても、実は卵を持ってる奴と鶏肉を持ってる奴の2種類がいる。具体的に言うと港,浜辺,灯台では卵。山道,森,池では鶏肉を持っています。

自分は内地だと鶏肉。水辺(池除く)では卵って感じで覚えてます。

優先順位的にはオイル消費1個でフライドチキンが2つ出来る鶏肉を優先的に狙っていきたい。

カラスの倒し方

カラスは最初のサイレンがなる開始3分と同時に各地へ出現します。先程あげた卵カラスと鶏肉カラスが各3エリアのどこかにランダムで1匹ずつです。

熱いオイルが完成しているなら、3分経過後すぐを狙って指定エリアへ狩りに行くべき。カラス自体はそれほど強い相手ではないので、弱い武器でも倒せるし熟練稼ぎの相手にもちょうどいいのですが、問題は同じ目的のライバルが騒ぎを聞きつけて妨害されてしまう可能性

素材目的であれば手早く倒せるように、開始三分のうちに最低でも緑等級の武器は作っておこう。

沸き時間管理

一度倒したカラスは倒した時間から2分後に指定エリアのどこかへ再出現します。これを把握するために倒したタイミングで画面上のタイマーを確認して、次の沸き時間を計算しましょう。

上の写真を参考にするなら[2:32]に池の鶏肉カラスをキルしたとすれば、タイマーが[0:32]になるとき次のカラスが再出現するということです。時間が近づいてきたら、あらかじめ池で待ち伏せていてもいいですし、時間を過ぎても現れないということは山道か森のどちらかにリスポーンしたということです。攻撃体制で1-2回探してもいなければその場所にはいないと見ていいでしょう。

この時、騒ぎの発生場所にも注意をしておいてください。自分が探している間に山道,森が騒がしくなったとすれば、他のプレイヤーにカラスを取られてしまった可能性があります。見つけられなかった場合はその時間を覚えておきましょう。

最後に

カラスはリスポーンサイクルが早い分管理するのも忙しいですが、しっかりとやれれば非常に有効な回復源になるので、頑張って把握できるようにしましょう!





コメントを残す