【ブラサバ】鈍器武器『4鋼鉄ビームトンファー』ルート



鈍器武器『ビームトンファー』のルート解説です。

ビームトンファー

鈍器の中では最も手軽に作成可能な英雄等級武器。鈍器入門にはぴったりで、見た目もカッコよくて人気も高い。また通常体制でいると攻守が+4されるアイテムスキルもついている。

ここまで聞くといい武器にも思えるが、実はこのバフに対しては熟練度倍率が乗らない仕様。スキル自体もゲーム終盤の体制を切り替える時間帯になってくると恩恵を受けられず、ただ攻撃力が低いだけの武器に成り下がる

手早く作れるのは大きなメリットなのだが、ゲームに慣れてくると火力が物足りなくなってしまう。その結果ついたアダ名が”蛍光灯“。

途中でレア素材が拾えれば乗り換えるべき。というか鈍器自体の武器コンセプトがそんなデザインなので、それを体現した武器と言えるかもしれない。

最終装備の一例

  • おすすめキャラ:鈍器使い全般
  • 武:ビームトンファー
  • 頭:チェーンコイフ(光の証票)
  • 服:聖騎士の鎧(アマゾネスアーマー)
  • 腕:盾の法則
  • 脚:EODシューズ
  • 装:自由(心理は我が光)

序盤の動き

教会(池)→路地裏→森→寺(洋弓場)

  1. 教会→聖水,短棒,くず鉄*2,司祭服,十字架
  2. (池)→鮒,ペットボトル,花,短棒,亀の甲羅
  3. 路地裏→軍手,くず鉄,生地
  4. 森→薬草,花,鉄鉱石,皮*2
  5. 寺→布の鎧,皮*2,生地

関連アイテム:武器,,,,,装具

備考

教会スタートから始まる4鋼鉄ルート。最初に揃えた鋼鉄を武器と防具で綺麗に4つ消費できるためシンプルで分かり易い。

問題は人気のある教会を独占できるかどうか。教会はライバルに鈍器使いや斬り武器使いがいる場合や、拳法使いが多いと対策防具を狙って激戦区になりやすくて、あまりのんびりはしていられない。教会が取れなかった場合は池で短棒と回復を確保しよう

逆に誰も教会にこない場合はチャンス。聖杯は教会に1つしかないアイテムだが、最強のアクセ”心理は我が光になる”。またハイビショップの服も最強の頭防具”光の証票”の材料でもあるので、余裕があれば2着作ってもいい。

鋼鉄を揃えたあとは、それを起点に防具を揃えていく。武器は鋼鉄トンファーもビムトンもそこまで大きな変化は期待できない。盾の法則のついでなど、用事があるならともかくビムトンにするためだけのレザポ探しで工場に行くのは勿体無いと思う。





コメントを残す