【ブラサバ新キャラ】キックボクサー『ヤン』の性能考察&スキル解説

【ブラサバ新キャラ】キックボクサー『ヤン』の性能考察&スキル解説

先日、ブラサバ公式より3月に追加される新キャラクター『実験体No. 17M-RFT35 :ヤン』についての情報が公開されました。

今回は実装前にこのキャラの性能を考察してみようと思います。

情報元:公式 新キャラクター紹介

実験体No. 17M-RFT35 :ヤン

本名『ヤン・レイカルト』。オランダ出身のキックボクサーです。継続した殴り合いに強いスキルを所持しています。

武器適性とステータス

得意武器は拳法のみで、その他の武器適正はFランク。ヒョヌと似ていますね。

性能は防御以外の初期ステータスが非常に高くて、中でも攻撃力とHPの高さに目を惹かれます。序盤から瞬間火力の出せるスキルこそないものの、この攻撃力を活かせば場所取りの場面では強気に立ち回れるかもしれません。

しかし、一方で成長率はかなり控えめです。初期値の低かった防御力の伸びが一番高いですが、最終的には耐久力の低いレオンといった平凡なステータスに落ち着いてしまうように思います。

スキル

[colored_box color=”light‐gray” corner=”r”]

熱血の意志

クールタイム60秒、持続時間30秒

絶えず相手と戦う。30秒間相手と交わす累積被害によって最大三回まで熱血スタックを獲得し、追加効果を受ける。
熱血の意志の持続時間が終わるとスタックは消える。

1スタック : 累積被害100以上、受ける被害1軽減
2スタック : 累積被害200以上、受ける被害2軽減
3スタック : 累積被害350300以上、受ける被害4軽減。

熱血コンビネーション

現在の熱血スタックを全て消耗し、コンビネーション攻撃をする。
スタックの数によって基本攻撃に追加効果を受け、命中時「熱血」の持続時間を7秒獲得する。

1スタック消耗 : スキル被害 +5
2スタック消耗 : スキル被害 +9、命中率 +5%
3スタック消耗 : スキル被害+20、命中率 +10%、3秒間相手を移動不可にする。

[/colored_box]

スキル考察

ヤンの持つスキルは2つ合わせてワンセットのスキルです。

熱血の意思は発動中にこちらが与えたダメージと、相手から受けたダメージの合計を累積してスタックが溜まっていきます。

熱血コンビネーションは攻撃スキルですが、熱血の意思が発動している30秒の間にスタックが溜まっている状態でなければ使うことが出来ません。その代わりにクールタイムが存在せず、発動可能であれば連発も可能。さらに命中すれば熱血状態も延長され続けます。

極めつけは、3スタック消費時に発動される移動不可の状態異常。+20点の固定ダメージも馬鹿になりませんが、退くつもりで移動を押そうとしたタイミングでこれを受けてしまうと、移動できずにモタついているうちに更なる追い打ちを受けてしまうかもしれません。

序盤のお互いに与え合う被害の少ない内はスタックも貯めづらいでしょうが、終盤のエリアが絞られてからのタイミングでは、ヤンに移動を封じられて騒ぎを聞きつけた別プレイヤーからのダブルパンチによる事故死なんてケースも発生するかもしれません。ヤンとあまり長く殴り合うのは危険ですね。

このスキルによって、場所取りには終始強いキャラクターだといえそうです。

[colored_box color=”light‐gray” corner=”r”]

熱血スタックの誤表記?

ちなみに熱血スタック3の累積ダメージについて日本では350と表記されていますが、英語版・韓国版のサイトでは300と表記されています。日本では過去にスアのスキルがサイレント修正されたと一時話題になりましたが、あれも日本語版だで表記が間違っていて、内部的にはずっと修正後と同じ仕様になっていたとのこと。

今回もそれと同様で、必要な累積被害は300という見解が濃厚です。

[/colored_box]

熱血スキルの弱点

殴り合いに強い熱血スキルですが、相手に殴り合う意思がなく、逃げられてしまうと不発に終わります。中盤以降で熱血が発動できていないヤンの性能は、お世辞にも高いとは言い難いです。

かと言って出し惜しみするのは勿体無い。熱血スキルの発動タイミングが重要なキャラですね。

ブラックサバイバルカテゴリの最新記事